数打ちナンパで結果は出るか?~下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる?~

ナンパテクニック・戦略

「質」か? 「量」か?

これってよく疑問に上がると思うんですよね。

成長を目指したときに、

「質を重視した方がいいのか?」

「それとも量を重視した方がいいのか?」

って問題です。

 

「量・質」問題

身もふたもないように思われるかもしれませんが、

僕は、「どっちも必要」だと思っています。

 

ただ、「最初は量をこなす」ことを意識した方がいいと思ってます。

 

なぜなら、量は「誰でも増やせるから」です。

だって、数打つのは技術の問題じゃなくてメンタルの問題だけだから。

 

対して、初心者が最初から質を求めるのは難しい。

質を上げるには、経験の積み重ねから生まれる技術が必要だからです。

だから、経験の浅い初心者が最初から質を意識してもそれは難しいんです。

質を意識するあまり、量をこなせなくなってくると、経験値も積めなくなり結局いつまでたっても質が上がらないという逆方向に進んでしまう恐れもあります。

 

質ってのは、ゆっくりと上がっていくものだと認識しています。

そして、量をこなしていけば、質は徐々に上がってくるものだと。

 

ナンパでも数を打つ

ナンパに限った話ではないんですが(こうやってブログ書くのも数大事)、数打ってください。

恋愛工学でも、数打ちの大事さは語られています。

(恋愛工学とは、「僕は愛を証明しようとおもう。」という小説に出てきます。ナンパするなら必読書と言っても差し支えないので、是非目を通しておくことをオススメします。)

 

モテ=試行回数×ヒットレシオ

 

「試行回数」とは、その名の通り「量」ですよね。

対して、「ヒットレシオ(Hit Ratio)」とは、打率=成功率ですね。

 

つまりモテるには、以下の二つを伸ばしていけばいいということになります。

  • 女の子にアプローチした数(試行回数)
  • アプローチの成功率(ヒットレシオ)

 

恋愛工学でも、ヒットレシオをいきなり伸ばすことは難しいが、試行回数はいくらでも増やせる、といった話がありました。

 

ナンパならば、失敗してもいいからガンガン声を掛けていくことが重要なわけですね。

 

数打ちナンパで失敗の恐怖がなくなる?

実際数打ってみればわかるんですが、数を打つことで「失敗を恐れないメンタル」を身に付けていけることが実感できると思います。

 

その理由は2つあって。

1つ目は、一回の失敗が軽くなるから。

別にその女の子以外にも女の子はいっぱいいるし、一人に固執する必要はないですよね。

数を打っていれば、その数の分だけ出会いは作り出せるわけで。

一日50人に声を掛ければ50人と出会えるわけですよ。単純に。

その中の数人と上手くいけばよくないですか?

だから一人ひとりに対する思いが軽くなる。

これは軽薄な男ってなわけじゃなくて、これから男としての質を上げて、ヒットレシオを上げるには必要な過程だと思います。

「この子はすっげぇ可愛いから、この子はミスれない!」ってなると、声掛けでもデートでも下手に守りに入っちゃって逆にミスりやすくなるんですよね。

で、元々の数も少ないから、一回のミスが大きく感じるってわけです。

 

2つ目は、数を打つことで気持ちがノッてくるから。

実際やってみると分かると思うんですが、ナンパで間を置かずにポンポン声を掛け続けてると、気分がハイになってくるんですよ。

これをナンパ界隈では、ランナーズハイにかけて、ナンパーズハイとか言ったりするらしいですが(笑)

で、このハイになった状態って割と最強なんですよ。

声掛けが楽しくて仕方ないモードに突入しちゃってますから、楽し気な雰囲気が醸し出されるんです。

そういう雰囲気が出てるから、女の子も「この人なんか面白そう」って感じて、その日の成功率が上がるんですよ!不思議なことに!

不思議なんですが、これは本当にあります。

ナンパはメンタルゲーです。

逆に気持ちが落ちてるときは、まったく結果出ません。

同じ声掛け、テクニックを駆使していても。

だから、こういうハイになった時にまとめて成功体験積んで、サッサと自信つけちゃえばいいんですよ。

自信さえついちゃえばこっちのもんで、自信があるからさらに数打てて、経験積めて、量が質に転化していくっていう好循環に入れます。

 

以上の「一回の失敗が軽くなる」ことと「気持ちがノッてくる」ことで、成功体験を積めるようになるし、成功するには失敗も必要だっていうマインドが身に付いてくるようになります。

だから、失敗をプラスに捉えられるようになって、失敗を恐れなくなってくるんですね。

 

じゃあただ数を打てば質は高まるのか?

これは少し違うと思います。

ただ無思考でやみくもに同じことを繰り返して、同じ失敗を繰り返しているだけでは、いつまでも量は質に転化してきません。

 

失敗から学ぶことは必要です。

どうして失敗したのかをその都度反省して、数を打ち続けるっていうプロセスを繰り返していけば、質は高まっていきます。

 

完璧主義では数は打てない

最後に、数を打つために必要なマインドをお伝えします。

それは、「完璧主義」であることをやめるということです。

 

僕自身この完璧主義的なところがあって、いつもベストを尽くさないといけないし、結果も出さなくてはいけないって考えてしまう節があります。

 

でも、

いつもみたいに頑張れない日も、

結果が出ない時期も、

そんなの当然あります。

ナンパに限った話じゃないですけど、始めたばかりで結果なんて出るわけないんです。

それは単なる自信過剰です。

そして頑張れない日も当然あります。

いつもは30声掛けできるのに、今日は気分が乗らないっていう日は5人でもいいですし、思い切ってその日は休んじゃってもいいです。

一番まずいのは、自分のノルマを達成できなくて、それでモチベーションが落ちちゃって、結局続けられなくなることです。

大事なのは、「続けること」です!

ぶっちゃけ今日100人声掛けようが、5人に声掛けようが変わんないっすから(笑)

長期的に見て、数を打っていて経験を積み重ねられてれば何の問題もありません。

最初飛ばして息切れしてあと失速、みたいなのは気を付けましょ笑

 

それでは今回のまとめです。

  • 数を打つことは大事
  • でも無思考で同じことを繰り返していても成長しない
  • 失敗の反省をして数を打ち続けることで、量は質に転化する
  • 完璧主義から抜け出すことで数を打ち続けられる

 

ガンガン失敗していきましょうw

それでは今回はこの辺で。

 

非モテなまま、死にますか?

~ナンパを起点に人生を切り開く~

「他人に流される人生を変えたい」

「弱くて非モテな自分を変えたい」

そんな想いで、僕はナンパを始めました。

そして今、人生を大きく変えつつあります。

あなたも、もういいかげん変わりませんか?

「人生を切り開く男」を目指しませんか?

これまでの僕の経験をもとに、「冒険の書」という無料メルマガを書きました。

今なら、登録者だけに実録ナンパ音声5本を限定公開

冒険の書(無料メルマガ)



プロフィール
NEKOTA

26歳会社員が、ストリートナンパに出会い、会社を退職。
「ナンパ師×フリーランサー」という新しいライフスタイルを打ち立てる。
「ナンパを仕事に、仕事を遊びに。」をテーマに、他人に流される弱い自分を脱却し、本当の強さを手に入れる物語を発信していく。

NEKOTAをフォローする
ナンパテクニック・戦略
NEKOTAをフォローする
自分の人生を走り出すナンパブログ

コメント