プロナンパ講師のアドバイスで新宿ナンパの成功率が一日で向上した話

新宿ストリートナンパ

どーも、NEKOTAです。

東京に引っ越してきて2ヶ月ちょっと。

(本ブログで何度もお話ししていますが、東京でナンパをすることとナンパを仕事にするために、元いた会社を辞めて、地方から上京してきました。)

 

東京でのストリートナンパの厳しさにぶつかっておりました。

僕はいつも、新宿でナンパをしています。

東京でも、渋谷と新宿は日本国内の二大ナンパスポットと言ってもいいです。

ですが、渋谷も新宿もめちゃくちゃシカト率が高いことで有名です(笑)

女の子もナンパされ慣れているためです。

 

ここで、地方時代からナンパ成績がガクンと落ちてしまったんです。

地方時代のシカト率は、行っても2割程度だったのが、6割(ひどいときは7割超)になってしまっていました。

連絡先交換や連れ出しの成功率も同様に低下していました。

 

スランプ時には、200人に声を掛けて一人も連絡先をゲットできないという地獄のような時間を過ごしました(笑)

マジ迷宮です。

恋のラビリンスウォールです。

 

 

でも、僕のナンパがなんで成功しないのか、自分ではよくわからなくなっていました。

今の自分の声掛けの、どこがダメで、どう改善していけばいいかが分からないのです。

基本僕は、地方時代の時も、現在の新宿でもソロナンパ(一人でナンパすること)が多いです。

ソロナンパのメリットは、メンタルが鍛えられることだと思います。

誰か仲間と一緒にナンパをするより、心理的ハードルが高くなるので、よりメンタルに負荷がかかるのです。

 

ですが、こうしたスランプ時にはデメリットともなります。

自分を客観視することは難しいものです。

 

そこで僕は、上級者にアドバイスを求めようということに決めました。

 

 

プロナンパ講師のトレンディさんからアドバイスをもらう

僕の師である、ナンパ講師のトレンディさんに相談してみました。

 

「じゃあナンパ音声聞かせてよ!」

 

すぐに僕の実録ナンパ音声を聞いてもらいました。

数本聞いてもらって、アドバイスをもらいました。

 

「あ~雑な声掛けになっちゃってるね」

 

僕のナンパの声掛けの問題点は3つあるようでした。

 

  1. 連れ出し打診の理由付け不足
  2. ナンパトークでの和み不足
  3. 落ち着き不足

 

1. 連れ出し打診の理由付け不足

「雑な声掛け」と言われた原因のひとつです。

僕はナンパで声掛けした際、女の子をカフェなり居酒屋なりに連れ出そうと、女の子に打診します。

 

ですが、女の子を連れ出そうというときは、「建て前」が必要になるんです。

  • なぜおれはここにいて
  • どうして君に声を掛けたか

この2つの情報(なぜ・どうして)を開示してあげる必要があります。

 

たとえば、

  • 【なぜ】さっきまで友達とごはん食べてたんだけど、友達が予定あるから帰っちゃって
  • 【どうして】で、帰り道に世界一可愛い子歩いてるなと思って(声かけちゃったんだよね)

 

そのうえで、カフェでのお茶などに誘っていくのです。

 

僕のそれまでの連れ出し打診は、

「そんな歩いて疲れちゃったっしょ?じゃあお茶いこーよ」

みたいな声掛けだったんです。

これじゃ理由付けが甘いわけです。

 

 

それに加えて、「こちらが悪者になってあげる」ことも重要なのですが、そこも意識した方がいいと言われました。

女の子は、極端に「軽い女」と思われることを嫌います。

ですので、ナンパでの連れ出しというのは、女の子側からして以下のようなシチュエーションをtくってあげなければなりません。

  • この男に連れてこられちゃった(⇒だから私は悪くない(軽くない))

 

正直めんどくさいですよね(笑)

でも、これをやるのとやらないのとでは、成功率に差が出ます。

 

だから、トレンディさんは、女の子に行くか行かないかを決めさせるような質問はしないようにした方がいい、と言っていました。

行くか行かないかを女の子に聞くと、必ず「行かない」を選択するからです。

女の子は、自分が行きたがってるようなシチュエーションは嫌うからです。

 

ですから、こっちが「行く」話で進めていけばいいんです。

そうすると女の子は、「えー」とか言い出します。

「えー」はOKサインだと思っていいです。

まぁまぁまぁ、とか言って連れていけば大丈夫。

これが、この男に連れてこられちゃった(⇒だから私は悪くない(軽くない))というシチュエーションです。

 

 

2. ナンパトークでの和み不足

ここも「雑な声掛け」と言われた原因です。

僕は、十分に女の子と和んでいなかったんです。

和みとは、トークが盛り上がって二人の信頼関係がある程度構築された状態です。

イジったりイジられたりできる、言い合える関係が作られている状態が、和んだと言える状態です。

 

この和んだ状態だと、連れ出しや連絡先交換の打診に対して、女の子は受け入れてくれることが多いです。

逆に、和んでいないとほとんど成功しないと思ってもいいです。

 

僕は、ここの和みがしっかりとできていないまま、打診をしていたため成功率が低かったのです。

打診が早すぎました。

これまでは、一笑い、二笑いくらい取ってすぐ打診、という感じでした。

これで付いてくる女の子はそういないわけです。

女の子はそこまで軽くないんです。

 

会話がオープンすることと、和むことは違うと。

和んで和んで、ようやく打診くらいに意識するようアドバイスをもらいました。

 

 

3. 落ち着き不足

ここは改善しないと、雰囲気に非モテ感が出ちゃいますね(笑)

僕は結構早口になる癖があって、そこはナンパ音声でも出ているようでした。

女の子は、余裕のある自信満々な強い男を好みます。

 

早口で落ち着きのない男って、言い方がアレですけど、なんかちょっとザコそうじゃないですか(笑)

ドラマや漫画とかでも、3枚目キャラの人って落ち着きなくてバタバタしてる人が多くないですか?

逆に、カッコいいキャラとかって落ち着いていますよね。

だから、そっちを意識しないといけないんです。

 

トークのスピードだけでなく、立ち振る舞いも含めて落ち着きを身に付けることが、僕の課題になりました。

 

 

アドバイスを実践したところ、新宿ナンパの成功率が向上した

3つのアドバイスを胸に刻み込んで、その夜新宿の街に舞い戻りました。

 

意識することがあると、中々スムーズに会話ができないものです(笑)

いつもよりトークがぎこちなくなってしまいました。

 

しかし、それも最初の10人程度でした。

ウォーミングアップが済んで、意識ポイントも体に入ってきました。

早くに適応できたのは、土台があったからだと思います。

僕がこれまで積み上げてきた経験から、メンタルやスキルの土台はある程度固まっていたんです。

そのうえに重ねる形で、今回新たな意識ポイントが乗っかったんです。

 

すると、徐々に女の子の反応に変化が見られました。

めちゃくちゃ和み始めたんです。

歩くのをやめて、立ち止まってトークしてくれる女の子もいました。

そして、和んで和んで、打診。

 

3つを意識することで、その日のナンパのマインドセットも、自然に「女の子を楽しませる」ことを優先できる、いい状態になりました。

 

結局その日は、28人という少ない声かけでしたが、3人の連絡先をゲットできました。

200人で0人だったのに、大きな進歩です。

連絡先ゲット率が10%台になったのは、地方ナンパ時代以来です。

しかも、それから3日連続で同水準の成功率をキープできています。

 

今回、あらためて「上級者からアドバイスをもらう重要性」を実感しました。

自分ひとりでは見えないものを見つけてくれるものです。

試行錯誤はもちろん必要です。

今回のように、僕はソロナンパを続けてきた経験があったから、アドバイスをすぐに自分のものにすることができたと思っています。

でも、一人でもがき苦しんでいる時間は、はっきり言って遠回りかもしれません。

道が見えなくなったら、見える人に教わった方が結果的に早いことに気付きました。

 

 

プロナンパ講師トレンディさんの無料メルマガ紹介

今回、僕がアドバイスをもらったプロナンパ講師のトレンディさんのメルマガおすすめです!

僕も登録してますが、トレンディさんの無料の「人生変えてくメルマガコミュニティ」は面白いし、役立つのでおすすめですよ。

実は、僕がトレンディさんと絡むことになったきっかけが以下のメルマガです(笑)

人生変えてくナンパメルマガコミュニティ

 

 

 

非モテなまま、死にますか?

~ナンパを起点に人生を切り開く~

「他人に流される人生を変えたい」

「弱くて非モテな自分を変えたい」

そんな想いで、僕はナンパを始めました。

そして今、人生を大きく変えつつあります。

あなたも、もういいかげん変わりませんか?

「人生を切り開く男」を目指しませんか?

これまでの僕の経験をもとに、「冒険の書」という無料メルマガを書きました。

今なら、登録者だけに実録ナンパ音声5本を限定公開

冒険の書(無料メルマガ)



 

プロフィール
NEKOTA

26歳会社員が、ストリートナンパに出会い、会社を退職。
「ナンパ師×フリーランサー」という新しいライフスタイルを打ち立てる。

「ナンパを仕事に、仕事を遊びに。」をテーマに、他人に流される弱い自分を脱却し、本当の強さを手に入れる物語を発信していく。

NEKOTAをフォローする
新宿ストリートナンパ
NEKOTAをフォローする
自分の人生を走り出すナンパブログ

コメント