【実録音声】渋谷センター街ナンパ 162人に声掛けしてシカトの嵐

渋谷ストリートナンパ

どーも、NEKOTAです。

 

2019年1月4日、ストリートナンパで初の東京遠征を敢行した。

渋谷のセンター街で初のナンパである。

 

 

戦績

声掛け:162

シカト:61

連絡先ゲット:5

連れ出し:2

お持ち帰り:0

※シカト:61(笑)

 

 

【東京ナンパ遠征での気付き①:ナンパする目的を見失っていた】

実は今回、おれは自分のナンパが「もっと通用する」と思っていた。

なかなかナンパで結果が出せていないのは、「女の子の少ない地方で活動しているから」だと思っていた。

しかし、今回その自信が見事に打ち砕かれた。

 

うわさで聞いていた通り、東京の女の子たちはナンパ慣れしていた。

3人に1人以上の割合でシカトされた。

 

普段地方でナンパしているが、やはり地方の女の子はナンパ慣れしておらず、シカトは少なく、ほとんど会話がオープンする。

普段の体感シカト率は20%以下だと思う。

 

雑な声掛けでは東京では通用しない。

 

おれは気付いた。

「おれはナンパすることが目的になっている」

 

正確に言うと、声を掛けることが目的になっていて、本気で女の子を連れ出そうとしていない。

なんとなく数を打って、「頑張っている自分」に酔っていた。

 

ナンパを始めた目的は、「いつどこでも出会いを作り出し、女の子を魅了できる男になること」だったはずだ。

そのために、連れ出しやお持ち帰りという経験を積み、女性を理解し、自らも男として上に登っていくことが必要になる。

 

この目的を忘れずに取り組んでいかなければならない。

 

そして、連れ出しやお持ち帰りに繋げるために、圧倒的に大事なのは、女の子に「おれと過ごす時間に価値を与える」ことなのだ。

価値のある男だから、女の子は付いてくる。

女の子を楽しませることを一番にしたナンパをしていく。

 

【東京ナンパ遠征での気付き②:圧倒的な規模の市場】

正直、東京での人の多さには驚いた。

 

「いくらでもナンパができる…!!」

正直めちゃくちゃテンション上がった。

 

女の子の可愛さに関しても、レベルの上限が地方の比べ物にならなかった。

可愛い子はとんでもなく可愛い。

正直めちゃくちゃテンション上がった。

 

東京のマーケットの規模はものすごいものがある。

可能性しかない。

 

 

前置きが長くなってしまったが、今回の音声に行ってみる。

複数の声掛けをまとめたものになる。

シカトは多い。

渋谷センター街ナンパ(シカトの嵐)

渋谷センター街では、人通りが非常に多く並行トークの導線が確保しづらいことに加え、女の子のナンパ慣れにより、地方よりもスピードが重要であると感じた。

最初の一言か二言目には会話をオープンさせないと、人ごみに消えられるか、シカトを決め込まれて終了である。

まずは会話をオープンさせないと話にならないので、声掛けは強めのアプローチがいいかもしれない。

 

渋谷センター街の女の子の層は、10代~20代の若い子が多い印象だった。

いわゆるリア充っぽい雰囲気の子達が多く、ギャルも結構いる。

 

ナンパ師も多くいるが、ナンパ師も若く、勢いのある人が多い印象。

彼らが結果を出しているかは知らないが(笑)

ナンパ師も「うぇーい!」的なノリの人が多かった。

それが目立つから多く感じたかもしれないが、多分多い。

見た目もかっこいい人は多い。

 

そのノリが合わなくても差別化は可能だと思う。

そこで声を掛けている男たちの大多数は基本的に「ヤる」ことが目的で、「女の子を楽しませる」というマインドを持っている人は少ないと思う。

その雰囲気というものは、不思議なもので女の子には必ず伝わるものだ。

 

女の子を楽しませて、自分と過ごす時間に価値を感じれば、女の子はベッドインまで付き合ってくれる。

今回は、おれ自身そこが足りておらず、成果を残すことができなかったが、その点を意識できていれば、他のナンパ師たちと差別化することは可能だ。

 

もし、人間性を高めることを目的にナンパをしているのであれば、そういう方向性でナンパをするのは忘れてはならない。

それにそっちの方が結果出るし(笑)

 

 

今回は、東京遠征のレポートをお届けした。

個人としても非常に学びが深く、「行ってよかった」と思っている。

密かに東京へは移住を計画しているので、モチベーションが最高に高まる回であった(笑)

 

それでは今回はこの辺で。

 

非モテなまま、死にますか?

~ナンパを起点に人生を切り開く~

「他人に流される人生を変えたい」

「弱くて非モテな自分を変えたい」

そんな想いで、僕はナンパを始めました。

そして今、人生を大きく変えつつあります。

あなたも、もういいかげん変わりませんか?

「人生を切り開く男」を目指しませんか?

これまでの僕の経験をもとに、「冒険の書」という無料メルマガを書きました。

今なら、登録者だけに実録ナンパ音声8本を限定公開

冒険の書(無料メルマガ)



プロフィール
NEKOTA

26歳会社員が、ストリートナンパに出会い、会社を退職。
「ナンパ師×フリーランサー」という新しいライフスタイルを打ち立てる。
「ナンパを仕事に、仕事を遊びに。」をテーマに、他人に流される弱い自分を脱却し、本当の強さを手に入れる物語を発信していく。

NEKOTAをフォローする
渋谷ストリートナンパ
NEKOTAをフォローする
自分の人生を走り出すナンパブログ

コメント