【実録音声】名古屋で金髪アメリカ人を英語ナンパしてカフェ連れ出し

外人ストリートナンパ

どーも、NEKOTAです。

 

先日名古屋にナンパ遠征に行ってきて、自分を含めて6人のナンパ師が合流して一緒にナンパすることになり、とても楽しかった。

ナンパ自体は、2人でのコンビナンパも少ししたが、基本はソロだった。

でも、ある程度声掛けをしたらみんなで集合して、プチ反省会したり、一緒に飲んだり、一体感は半端なかった(笑)

一人でナンパをするのは、「強くなる」ために必ず必要だと考えているが、たまにこうやってみんなでワイワイやるのは別格に楽しい。

声掛けしていて、なんとなく「帰る場所」みたいなものがあるとモチベーションも高い状態を保ちやすいと思う。

 

最近、多くの方と合流させてもらうようになって思うが、上記のようなメリットから、他のナンパ師さんたちと合流するのはいいと思う。

 

 

さて、今回は、その名古屋ナンパで金髪アメリカ人女性をカフェに連れ出すことに成功した。

 

【女の子の特徴】

  • 出会った前日に日本に来たばかり
  • 英語教師として訪日
  • アメリカ人にしては小柄で可愛い

 

階段のところに座っていたので、声を掛けたらオープン。

なんか家族と電話していて、電話がちょうど終わったタイミングだったらしい。

てか外国の人って、家族とよく電話するイメージあるよね(笑)

カフェへの連れ出し打診したところ、ほぼグダ出しで通りやっふい。

 

余談だけど、アメリカだとあんまりストリートナンパってのはないって聞いたことがある。

普通はパブとかで飲みながらナンパするらしい。

日本で言うバーナンパみたいな感じかな?

 

土地勘がないため若干焦りながらも、バー兼カフェてきな場所に入店。

なんかボウリングが好きとのことだったので、

「君のハートをストライクしたいよ」

みたいなセリフ吐いときましたw

「残念ながらガーターね」

ってやかましいわ!

相手宅が近いようだったので打診したところ、

Haha, Nice try.

 

Oh, my goodness.

 

なんか、引っ越してきたばかりで家に何もないらしいので、近くの家具ショップに案内してあげた。

喜んでくれたのでなんか嬉しかった。笑

 

それでは音声の方に行ってみよう。

金髪アメリカ人 カフェ連れ出し

英語を勉強してきた甲斐もあって、サラッとした会話はできたが、もっと深い話ができるといい。

ただ、「話そう」という気持ちはやはり相手に伝わるもので、逆にこのあたりは、英語が下手な人の強みになる気がしている。

日本語ペラペラの外国人より、下手だけど頑張って日本語で話そうとしている外国人の方が親近感を持ちやすいと思う。

 

ただ、今回やばいミスも目立った(笑)

もっとアウトプット量を増やして、落ち着いた会話を心がける(笑)

 

それでは今回はこのへんで。

 

※追記

後日、ラインで結構な食い付きがあったけど遠くて行けないよ状態です。

まぁでも自信にはなるかな!

 

非モテなまま、死にますか?

~ナンパを起点に人生を切り開く~

「他人に流される人生を変えたい」

「弱くて非モテな自分を変えたい」

そんな想いで、僕はナンパを始めました。

そして今、人生を大きく変えつつあります。

あなたも、もういいかげん変わりませんか?

「人生を切り開く男」を目指しませんか?

これまでの僕の経験をもとに、「冒険の書」という無料メルマガを書きました。

今なら、登録者だけに実録ナンパ音声8本を限定公開

冒険の書(無料メルマガ)



プロフィール
NEKOTA

26歳会社員が、ストリートナンパに出会い、会社を退職。
「ナンパ師×フリーランサー」という新しいライフスタイルを打ち立てる。
「ナンパを仕事に、仕事を遊びに。」をテーマに、他人に流される弱い自分を脱却し、本当の強さを手に入れる物語を発信していく。

NEKOTAをフォローする
外人ストリートナンパ
NEKOTAをフォローする
自分の人生を走り出すナンパブログ

コメント