ナンパにおけるマインドセット「無思考」をやめ「反省」して成長する

ナンパのマインドセット

どーも、NEKOTAです。

 

今回は、ナンパにおけるマインドセットとして、「無思考」の危険性「反省」の重要性について話していきます。

 

実は本記事は、僕がブログ立ち上げ当初に書いたものになりますので、その改訂版ということになります。

ずっと大切なことだと分かっていながら、書いた自分自身がしっかりと実践できていなかったなと思う節があり、自戒の念も込めて書き直します。

 

 

無思考でナンパしていても成長速度が上がらない

 

まさに僕がこれでした。

というのも、ナンパを続けてきて「成功率」が上がってきていないのです。

 

ナンパで何をもって成功というかは、人それぞれ基準が違うかもしれませんが、僕は以下の3つがナンパにおける成功だと位置づけています。

  • 連絡先ゲット
  • 連れ出し
  • セックス

下に行くほど難易度が高いです。

 

で、この3つどれもが伸び悩んでいたわけです。

実はこのことは気付いていたんですが、

気付いていてなお、「ただ街に繰り出す」ということを続けてきました。

 

僕は、街に出ることが悪いと言いたいわけではありません。

むしろガンガン街に出る方がいいと思います。

成長のためには、反復作業というのは必須です。

 

僕が言いたいのはそうではなくて、無思考でナンパを続ける」ことが危険だということです。

 

僕はこれまで、4,000人近くの女の子に声を掛けてきました。

4,000という数字が、多いか少ないかは意見が分かれるかとは思いますが、僕は「少なくはない」と思います。

これはある意味、「4,000人分のサンプルを取った」という言い方もできるかと思います。

(※女性に対して、失礼な言い方なのは承知していますが、あくまで説明用としてこのような言い方をします。)

 

4,000人分のサンプルがあれば、大抵の女性には声を掛けていると思います。

それで成績が上がっていないのであれば、もう「たまたま声を掛けた女の子が渋かった」という言い訳は通用しないと思います。

単純に、「僕の実力不足」だと考えられます。

 

  • 最初の第一声なのか
  • トークの内容なのか
  • 見た目なのか
  • 立ち振る舞いなど、非言語的な部分なのか
  • 自信のなさか
  • これらが総合的に足りていないのか

 

人によって、ナンパで結果が出ない原因は異なると思います。

 

僕の場合、「抱いた女の数が少ない」ことだと思いました。

これによる自信の不足。

本当に目の前の女を抱けると思ってナンパしていない。

 

でもそれは身も蓋もない話だというのは理解できます。

そもそも抱いた女が少ないからナンパをしているんじゃないかと。

その通りです。

 

逆説的ですが、成功体験が不足していることによって、新しい成功体験を積みにくくなっている、という悪循環にはまっているわけです。

 

この悪循環の原因は、「成功体験の不足」です。

悪循環を抜けるためには、是が非でも成功体験を積んでいかなければならない。

 

どうやったら手っ取り早く成功体験を積み、自信をつけ、「女は抱けるものだ」という認識に変わり、悪循環から抜け出して勝てるようになるか——

 

 

僕は、「ブスでも抱こう」と思いました。

 

 

ネタじゃなく。

今までは、高望みしてたんですよね。

まだそのレベルじゃないのにボスに挑もうとしていたというか。

 

もう正直、負けることによるメンタルの強化は結構できてきたのかなと思います。

声掛けに対する負のイメージはないし、地蔵もしない。

負けることによる経験値は結構積んできました。

 

もう勝ちにシフトします。

まずは、女の子のレベルを落として勝ちを拾い、可愛い子に行くのはその後でいい。

もちろん可愛い子にも声は掛けていきますけどね(笑)

どちらかというと「ストライクゾーンを広げる」というようなイメージです。

正直、僕も可愛くない子に声を掛けていくのは気が進みませんが(笑)、これは将来の成功のために必要な過程だと信じています。

通れる近道は通っていく。

 

今までは、ストリートナンパに100%コミットしてきましたが、マッチングアプリも使っていこうかと思います。

まずは、勝つ。

勝つための手段は選ばない。

もちろん、犯罪行為はしませんけどね(笑)

 

これが、僕の「ナンパの成長速度を上げる」ためのこれからの戦略です。

 

 

反省をしてナンパの成長速度を上げる

 

よく「ポジティブ」であることが重要視されます。

女の子に冷たい反応をされても気にしない強さというか。

ポジティブなのはとてもいいことだと思います。

失敗を気にも留めずにドンドン挑戦していくことができる人は強いです。

ナンパにおいてかなりその強みは出ます。

 

ただ、「失敗を気にしないこと」と「反省しないこと」は違うと思います。

 

基本的なことなんですが、失敗して、その失敗の原因を考えて、次同じ失敗しないように気を付けないとまた同じ失敗を繰り返してしまうんですよね。

僕がそうだったように…苦笑

 

この状態だと前に進めないんですよね。

ずっと同じところで足踏みしてるだけになりかねない。

だから反省することは成長のためには必須になります。

 

 

反省の仕方は、以下の2ステップを踏むといいと思います。

  1. 失敗の原因分析
  2. 今後の対策

 

 

1.失敗の原因分析

「どうしてナンパが成功しないのか?」

「そもそもナンパのどのフェーズで失敗することが多いのだろう?」

「声掛け時? 連れ出し後? ホテル前?」

「女の子の食い付きが下がったと感じたのはどのシーンだっただろうか?」

「その時の相手の反応は? 何か言っていたか?」

「どうして食い付きが下がったと思うか?」

「自分に足りないことは何だろう?」

 

このように、どんどん深掘りしていきます。

そうすると次の対策が立てやすくなります。

 

 

2.今後の対策

「今後おれはどうなりたいのか?」

「どうすれば食い付きがあげられるか?」

「どうすれば自分に足りない能力を上げられるか?」

 

まず、自分の理想の姿をイメージします。

そこがブレると目指していない未来に突き進むことになります。

ここはまず押さえましょう。

 

そのうえで、先程行った原因分析に基づく対策を立てていきます。

「具体的な行動」に落とし込むことが重要です。

「必死にやる!」とかだと弱いわけです。

明日から何やっていいか分かんなくないですか?笑

 

僕の場合だと、「ブスにも声を掛ける」ことでしたね。

(あと「マッチングアプリも積極活用する」ことも。)

 

すぐに行動に移せるように、具体的な行動を決めてしまうことです。

 

 

まとめ

今回、ナンパにおけるマインドセットとして、「無思考の危険性」と「反省の重要性」について話してきました。

そのまとめです。

 

  1. 無思考でナンパしていても、中々成長しない。
  2. 反省することで、ナンパの成長速度を上げられる。
  • 反省フェーズ①:失敗の原因分析
  • 反省フェーズ②:今後の対策(理想像のイメージ&具体的行動)

非モテなまま、死にますか?

~ナンパを起点に人生を切り開く~

「他人に流される人生を変えたい」

「弱くて非モテな自分を変えたい」

そんな想いで、僕はナンパを始めました。

そして今、人生を大きく変えつつあります。

あなたも、もういいかげん変わりませんか?

「人生を切り開く男」を目指しませんか?

これまでの僕の経験をもとに、「冒険の書」という無料メルマガを書きました。

今なら、登録者だけに実録ナンパ音声5本を限定公開

冒険の書(無料メルマガ)



プロフィール
NEKOTA

26歳会社員が、ストリートナンパに出会い、会社を退職。
「ナンパ師×フリーランサー」という新しいライフスタイルを打ち立てる。

「ナンパを仕事に、仕事を遊びに。」をテーマに、他人に流される弱い自分を脱却し、本当の強さを手に入れる物語を発信していく。

NEKOTAをフォローする
ナンパのマインドセット
NEKOTAをフォローする
自分の人生を走り出すナンパブログ

コメント