ホテルに誘う心理的ハードルを下げる「逃げないマインド」

マインドセット

どーも、NEKOTAです。

最近連れ出しがちょこちょこ増えてきたんですが、なかなか即に結びつけることができていません。

というか、ホテルに行くような空気を作るところまでいけておらず、ホテルに誘うことすらできていないことがほとんどです。

なんとなくそういう雰囲気にならず、「なんか今誘っても絶対断られるだろうな~」と思って誘わず、なんとなく次の機会に…みたいな考えですね。

 

でもようやく気付きました。

ビビってるだけやん!!

って。笑

気付いたというか、目を逸らしていた、というのが正直なところです。

要するに断られて傷つくのを怖れていただけなんです。

 

そして、今その瞬間に勝負に行かず、次に逃げるマインド。最悪です。

セルフマインドも下がる。

そして実際その日に女の子の食い付きを高められていないから、次のアポも決まらない。

ラインの返事が返ってこなくなることもある。

これじゃあいけない。

 

この逃げのマインド、おれの好きな「アカギ」という漫画でも語られています。

今局中に決着をつけるのではなく、次局へ決着を先延ばしする考え。

奴のぬぐえない悪癖。

苦しくなると、どうしても顔を出す、「保留」という名の逃げ…

あの男には死ぬまで純粋な怒りなんて持てない…

ゆえに本当の勝負もできない。

奴は 死ぬまで保留する…

アカギ

結局のところ、

弱い自分を超えられるか

これだけなのです。

 

昨日までの自分を超えていく。

 

弱い自分を変えたい。

 

そういう想いをもってナンパを始めた。

 

できないはずがない。

 

女の子をホテルに誘うことなど。

 

やってのける。

 

造作もなく。

 

それに…

 

おれに失うものなどあったか?

 

ないな?

 

じゃあやれ。

 

 

これからは、以下を必ず実行するものとする。

  • 連れ出し時、アポ時は必ずホテルに誘う。空気が悪かろうが、嫌われようが関係なく必ず実行する。
  • 声掛け時も冗談混じりで「じゃあホテル行くか笑」といったことを入れ込んでいく。

 

これらは、「ホテルに誘う」という行為に対する心理的ハードルを下げることを目的に行う。

ホテルに誘う=挨拶 なのだ。

おはよう=ホテル行こ である。

ヤバい宗教感が若干してきたが気にしない笑

 

根本原因である、「心の弱さ」を克服することが主目的である。

 

この壁を乗り越えることができれば、即達成への扉が開くのではないかと考えている。

 

早速昨日もイオンモールでナンパしてカフェに連れ出した子が、一人暮らしだったんで

その子の家に行く打診してばっちり決めてきやしたよ笑

その時の音声を載せておきますね。

181216_女の子の家に行く打診

おわかりいただけただろうか…笑

 

それでは今回はこの辺で!笑

 

プロフィール
NEKOTA

26歳会社員が、ストリートナンパに出会い、会社を退職。
「ナンパ師×フリーランサー」という新しいライフスタイルを打ち立てる。
「ナンパを仕事に、仕事を遊びに。」をテーマに、他人に流される弱い自分を脱却し、本当の強さを手に入れる物語を発信していく。

NEKOTAをフォローする
マインドセット
NEKOTAをフォローする
自分の人生を走り出すナンパブログ

コメント