ナンパ師として成長するのに焦りは禁物

マインドセット

連日のストナンしてきやした。

成果:声掛け26、番ゲ2、連れ出し0、即0

今回は「一歩引いて女の子を余裕のある感じで扱う」を意識して取り組みました。

But いつも通りガツガツ行っちゃいましたw

即がなかなか出来ていないことが自分の中でプレッシャーに感じてて、「なにやってんだ」、「はやく即って成長しないと」、「おれのやり方まちがってんのか?」、「てかおれ全然モテねえじゃん泣」みたいなネガティブな気分が自分の中で渦巻いちゃって。その焦りがガツガツを生んで、女の子から「なにこいつガチやんw」みたいになってたと思います。これは今日だけじゃなくていつもこんな感じで、重要改善項目と見ています。理想は「息を吐くように声をかける」ですから(笑)

なんかね、めっちゃ喋っちゃうんですよ。しかも早口。。まくしたてる感じですかね。受ける子には受けるんですけど、おれの理想の余裕のある男像とは違うし、女の子の惚れる頼れる男って感じじゃないんですよね。今日一人の女の子から「いやテンション高すぎw ちょっと黙ってw」って言われまして、急にテンション下げてもキャラ変みたいでそれはそれで良くないので、ガンガン喋り続けてたら、女の子側のテンション下がったんですよ。これはめんどくせえと思われたなと感じてバイバイしました。

焦りがこの余裕のなさを生んでると考えてます。

なんで焦ってるかっていうと、人と比較しちゃってんですよね。他のナンパ師の人は3か月もありゃ即達成してるのにおれは1年以上やってるのにどうして…って。焦る必要はないんですよね。人によってバックグラウンドが違うし、環境も違う。例えば東京と地方じゃ女の子の母数が段違いですから、おのずとトライできる人数が変わってくるんですよね(言い訳じみてるけど勘弁してくださいw)。自分は自分のペースでいいんです。…って頭では分かってても早く成長したいんじゃあああ!!!笑 なんかこの自分への言い聞かせは甘えのように感じてしまう部分も少しあって、この焦りをどう原動力としてプラスに使うかを考えてます。笑 今考えてるのは、やっぱり数の暴力ですw 圧倒的試行回数でゴリ押します。悩む暇などないくらいに。鬼のトライアンドエラーっすね。恥も外聞もなく行きます。ただ「女の子を楽しませる」=「自分と過ごす時間に価値を与える」ってのは大前提なので、そこを忘れることないように取り組んでみます。そこの方向性を見失って突き進むことがないように、インプットは常時入れて、できる人のマネをやるのも合わせて継続していきます。

明日は個人アポです。茶しばいてきますw 戻り次第、取り急ぎご報告させていただきます。洗脳されかけてる社畜魂が顔を覗かせ始めたので、今日はこれくらいで。

では。

プロフィール
NEKOTA

26歳会社員が、ストリートナンパに出会い、会社を退職。
「ナンパ師×フリーランサー」という新しいライフスタイルを打ち立てる。
「ナンパを仕事に、仕事を遊びに。」をテーマに、他人に流される弱い自分を脱却し、本当の強さを手に入れる物語を発信していく。

NEKOTAをフォローする
マインドセット
NEKOTAをフォローする
自分の人生を走り出すナンパブログ

コメント