ペアーズで出会った美人受付嬢の貞操観念が高くて即日セックスに失敗した話

ペアーズ

どーも。

「一週間くらい やられてた熱中症からようやく復帰しました。もう家から出るのが恐怖です。」

でおなじみのNEKOTAです。

 

 

さて、今回はマッチングアプリのペアーズで出会った女の子と、デートのアポに行ってきました。

 

美人の受付嬢でしたが、貞操観念が高くて、崩し切れずにセックスまで持っていくことができませんでした。

 

 

 

 

クソッ!

なんでできねェんだッ!

ヘアッ!!

 

 

 

 

 

それではよろしくお願いします。

 

ペアーズの美人受付嬢とのカフェでのトーク

写真通りの可愛い子がやってきた。

自分の中で、少しテンションが上がるのが分かった。

 

だが緊張はしない。

女の子との出会いだけでは、もう鼓動が早まることはない。

 

そしてこれから始めるのは、目の前の女性の食い付きを高めるゲーム。

もう何度も繰り返した作業。

小一時間、コーヒー1杯があれば完了する予定の、計算されたもの。

 

おれは、「じゃあ今日はお茶でも飲むか」というポーズを取りながら、”いつものように” カフェに入った。

 

 

カフェの中で最も意識するのは、非言語(ノンバーバル)の部分だ。

絶対にがっつかない。

「お前レベルの女には困っていないし、固執なんてしない」といわんばかりの態度で構える。

余裕感の演出だけを意識する。

媚びとは正反対の姿勢だ。

 

だがしかし、この姿勢が女の子の心を捕らえる。

ほとんどの男は媚びるからだ。

セックスしたいから。

でもその媚びという行為が、セックスを遠ざけている。

 

女は、自分より優位な男にしか惹かれない。

ゆえに、媚びなければ食い付きは上げられる。

 

 

そして、事は目論見通り進んだ。

彼女は前かがみで話をしていた。

 

 

追い打ちのトークをしておいた。

 

「がっつく人ってダサいよな」

 

「やっぱりある程度余裕がある人がいいよね」

 

その上で、俺は余裕のある男を感じさせる。

 

 

正直、何を話したかはよく覚えていない。

いつも繰り返すような話ばかり。

女の子の話ってオチがないからつまらない。

そんなことを考えながら、相槌や軽いツッコミと新しい話題を振るだけで話は続く。

 

もう食い付きは高まっていることが分かっていた。

 

よく喋る子だなぁ…

早く終わらないかなぁ。

 

彼女がずっと話し続けるので、店を出ることを切り出すタイミングを数回取り直した。

 

「じゃ、そろそろ出よっか」

 

案の定、「え、もう?」という表情を感じ取ることができた。

もう少し一緒にいたいと思わせるくらいで店を出た方がいい。

次のことを考えるならば。

 

 

ホテルに行けない

地下のカフェから、地上へ出る階段を登りながら、彼女の手を取った。

簡単なことだった。

握り返しもあった。

 

(フッ…)

 

そのまま歌舞伎町の奥のホテル街に向かおうとした。

 

 

「え、どこいくの?」

 

彼女の顔を見ると、不信感100%という表情を浮かべていた。

思えば、カフェの中でも、彼女から貞操観念の高さを感じる部分がいくつかあった。

 

 

え、ホテルだけど?

付き合ってもないのにそんなのいやです。

相性大事でしょ。

そうですけど。

そういう関係ならもう会わないかな。

 

 

 

 

 

って言えたらなぁ~笑

 

 

 

 

思わぬタイミングでの拒否反応に、今日初めて動揺してしまったおれから出てきた言葉は、

 

「え、あ、散歩てきな」

「歌舞伎町方面はやだな…」

 

 

 

 

 

 

 

だせぇ!

 

 

 

 

 

すぐに過ちに気付く。

心のどこかで、「この子を抱きたい」という気持ちが大きくなってしまっていた。

それが謎のごまかしという返しになってしまった。

 

「お前なんかどうでもいい」という態度に変えないと。

 

幸い、そこから無様に粘り続けるという醜態は晒さずに済んだ。

そんなことをしても絶対に抱けないし、彼女の食い付きを全て失うことになる。

 

彼女を送っていった。

別れ際に後ろからハグをすると、「恥ずかしいよ笑」と言いつつ、まんざらでもなさそうだった。

 

 

もっと一貫して、『一人の女に固執しない』という心と態度を持ち続けないと。

今回の敗北で学んだ。

失敗を失敗で終わらせない。

 

非モテなまま、死にますか?

~ナンパを起点に人生を切り開く~

「他人に流される人生を変えたい」

「弱くて非モテな自分を変えたい」

そんな想いで、僕はナンパを始めました。

そして今、人生を大きく変えつつあります。

あなたも、もういいかげん変わりませんか?

「人生を切り開く男」を目指しませんか?

これまでの僕の経験をもとに、「冒険の書」という無料メルマガを書きました。

今なら、登録者だけに実録ナンパ音声5本を限定公開

冒険の書(無料メルマガ)



 

プロフィール
NEKOTA

26歳会社員が、ストリートナンパに出会い、会社を退職。
「ナンパ師×フリーランサー」という新しいライフスタイルを打ち立てる。
「ナンパを仕事に、仕事を遊びに。」をテーマに、他人に流される弱い自分を脱却し、本当の強さを手に入れる物語を発信していく。

NEKOTAをフォローする
ペアーズ
NEKOTAをフォローする
自分の人生を走り出すナンパブログ

コメント