フリーランスナンパ師として、クソ大東京に進出してみた。

フリーランス

どーも、NEKOTAです。

昨日、2019年3月28日。

東京に引っ越してきました。

 

ナンパ師として生活を立てていくことを当面の目標にしています。

ビジョンは以前記事にしているので、興味がありましたら覗いてみてください。

「ナンパ師×フリーランサー」 ~自分が正しいと思う生き方をする~
どーも、NEKOTAです。 今週の頭に、上司に「会社を辞める」と伝えてもうすぐ一週間が経とうとしている。 ナンパで生きていこうというイかれた決断をしたわけだが、 この決断をする前は、さすがに悩んで若干病みそうだった...

 

 

生活水準落としてみた♡

あの、僕収入0にして東京来たんですよ。実は(笑)

そのため、日本一地価の高いこの大東京での一人暮らしは、金銭的にハードルが高すぎました。

それなら、「シェアハウス住んじゃえ!」と。笑

非常に短絡的ですね(笑)

 

それで今までお世話になった某地方の部屋を捨ててきましたよ。

 

さて、東京での新居は4人一部屋のシェアハウス。

遠すぎて事前の内見はできなかったが、どうやら一人当たりのスペースはかなり狭そうだ。

 

僕は中々物を捨てられないタイプで、結構引っ越しの準備(というか物の処分)には時間をかけました。

引っ越しの2か月前から動き出しましたねw

シェアハウスは、共同生活なので、基本的に家電類は不要になります。

そこで家電類は一掃と(笑)

趣味品は持っていけないのでこれも一掃と。(割と悲しかったです笑)

あとは棚とか机とかの家具も全て処分しました。

ジモティーで即金化ですよ。

 

長い準備期間を経てようやく引っ越しですよ。

「まぁこれだけ物も減らしたしヨユーヨユー♪」

 

 

…え?

 

狭すぎるんじゃ♡

ざっくり計算なんですが、2畳ないです(笑)

1畳ちょっとでしたわ(笑)

自分のスペース内でキャリーケースが開けません(笑)

 

ロフトベッドの形になっていて、一階が写真の通り物を置いたり若干の作業スペースになっています。

2階はベッド部分になるのですが、天井が近ぇんじゃ(笑)

一度寝たら最後、上半身を起こせません(笑)

30度がギリですね。

30度以上行こうとすると激突しますね。

 

ふ、フフフ…。

のぞむところよ…。

 

2つの恐怖のどちらかを選択せよ

正直、今回の選択に不安はあります。(部屋の話じゃないですよ笑 今回の会社退職⇒東京進出の件。)

「おれはやっていけるんだろうか…」とか、

「おれは、何かとんでもないことをやってしまったんじゃないだろうか…」とか。

正直怖いです。

 

ただ、”何も行動を起こさずに毎日を塗りつぶしていく” ことの方が怖かった。

 

地方での会社員生活では、所謂「安定」そのものでした。

一応名の知れた大きな企業ということもあり、親も満足してくれていたし、友達や周りの人たちからの視線を気にするようなことはありませんでした。

 

でも、自分は許せなかった。

 

「未来が見えない…」

 

入社して4年間、仕事を楽しいと思ったことは一度もありませんでした。

安定はしている、生活に困ることもない。

 

でも、

やりたくもないことに身を捧げ続けて、

何も挑戦せず、

何も成長せず、

何も成し遂げず、

ただ年老いていく未来に希望を感じられなかった。

 

おれは、強くなって、人生を切り開いていける自立した男になりたいのに、その夢とは正反対のことをしているような気がしていました。

 

そんな現状に焦って、ナンパを始め、成長も感じることができました。

でも、ナンパに関しても地方での限界を感じていました。

 

「もっと大きなステージで挑戦したい!」

そう思い、東京に来ました。

 

今、恐怖心はあります。

でもおれは挑戦する。

おれにはそれができる人間だと思っているから。

 

”やるしかない” という環境に身を置いたところです。

不安はこの先何度も襲ってきそうですが、おれならやれると信じてやっていきます。

 

東京に来て驚いたこと

さて、昨日東京に来て、早速色々驚かされたことがありました(笑)

というのも僕は根っからの田舎モンですので(笑)

 

”有料” の駐輪場があることに驚きましたw

車社会ではないことはさすがに知っていて、車も処分してきて自転車を持ってきたんですが、最寄り駅に無料の駐輪場がないので、もう自転車も使わなくなりそうです(笑)

(マジなんなんだこの情報w クソどうでもいいですねw)

 

ふとTinder(マッチングアプリ)を開いたんですが。

「女の子可愛すぎるだろ!!」

ってなりました(笑)

地方ならTinder内はおろか、市内イチの繁華街でもまず見ない即声掛けレベルの子達が出まくってきました。

なんですか?この街は。

ナンパ師のユートピアですか?

※ちなみに地方では、Tinderは一日3スワイプ(3人にいいね)すると周りに人がいなくなります。

 

今後はどうやって生きていくか

当面はですね、アルバイトで日銭は稼いでいくことになると思います。

自分がナンパ師として、ナンパを始めようとしている人や、伸び悩んで困っている人に価値を提供できるようになるまでは、生活するために日銭稼ぎはしないとなとは思います。

なので、こうやってブログやメルマガや、あとナンパは継続して、長期的なスパンでみた経済的自立の道は進めつつ、目先の生活のための仕事を並行して進めていくことになりそうです。

 

正直ここら辺は、臨機応変に進めていこうかと思っています。

ライティングの仕事なんかをクラウドソーシングで受注することもできるので、そういうのもアリかなと思ってます。

詳細は別記事で紹介

【クラウドソーシング】収益0のフリーランサーが勉強しながら稼ぐ
どーも、NEKOTAです。 今回はフリーランス系の記事ですね。 ここ3日間でけっこう退職とフリーランスの準備進めました。 僕はこういう事務的な作業が大嫌いで(笑)、めんどくさいことは後回しにしがちです笑 ...

 

 

とりあえず、今回ひとまず東京に来てみて一発目の記事になりました。

色々と考えることはあったりしますが、自分の選択に後悔はないです!

やりたいことで生きていく人生にするために、弱い自分を変えるために、これからもコツコツとやっていきますので、よろしくお願いします。

 

非モテなまま、死にますか?

~ナンパを起点に人生を切り開く~

「他人に流される人生を変えたい」

「弱くて非モテな自分を変えたい」

そんな想いで、僕はナンパを始めました。

そして今、人生を大きく変えつつあります。

あなたも、もういいかげん変わりませんか?

「人生を切り開く男」を目指しませんか?

これまでの僕の経験をもとに、「冒険の書」という無料メルマガを書きました。

今なら、登録者だけに実録ナンパ音声5本を限定公開

冒険の書(無料メルマガ)



プロフィール
NEKOTA

26歳会社員が、ストリートナンパに出会い、会社を退職。
「ナンパ師×フリーランサー」という新しいライフスタイルを打ち立てる。
「ナンパを仕事に、仕事を遊びに。」をテーマに、他人に流される弱い自分を脱却し、本当の強さを手に入れる物語を発信していく。

NEKOTAをフォローする
フリーランス
NEKOTAをフォローする
自分の人生を走り出すナンパブログ

コメント