自由を掴むための「時間単価」という考え方~フリーランスの生き方~

フリーランス

どーも、NEKOTAです。

 

僕は、このブログで何度も「人生を切り開く強い男」を目指していると言っています。

そして、自由な人生を目標にしています。

自由とは、自分の中で以下のように定義しています。

  • 恋愛的な自由(出会いに困らない、好きな女の子を魅了できる)
  • 経済的な自由(お金に追われて消耗しない、贅沢はなくともお金で不自由はしない、やりたくない仕事に縛られない)
  • 時間的な自由(好きな時に好きなことができる、家族や友達や恋人など大切な人との時間をたくさん取れる)

そしてこれらの自由を得るためには、「自立」することが必要だと思っています。

だから僕は、ナンパをしているし、会社を辞めてフリーランスとして生きていく決断をしたわけです。

 

そこで今回は、「経済的な自立」と「時間的な自立」を目指すための考え方をお話しします。

それは、

「時間単価」という考え方です。

 

時間単価とは?

お金持ちとはどういう人をイメージするでしょうか?

  • 医者?
  • 弁護士?
  • 事業主?
  • 株主?
  • 官僚?

 

色々あると思いますが、お金持ちとは、「時間単価」が高い人です。

そして時間単価とは、ズバリ「自分の時給」のことです。

 

「自分の時給なんて分かってらぁ!」と言われそうですが(笑)、ここではもう少し「時間」を意識した時給の計算方法をお伝えします。

 

時間単価の計算方法

毎月支払われる平均給与(手当・残業込)÷月平均労働時間(残業・通勤含む

※サラリーマンを例にしています

 

通勤時間も含めて計算するわけですね。

これで考えてみると、まったく同じ給与だったとしても、通勤時間が短い人は長い人に比べて、「時間単価が高い」ということになります。

 

また、例えば家賃を抑えるために会社から遠く離れた場所に住んでいる人の場合。

時間単価が1,500円、通勤時間が往復2時間だったとする。

そうすると、一日3,000円、月に60,000円を使っていることになります。

それだったら、会社に近いところに住んだ方が得じゃないか?

と、こういう考え方ができるわけです。

 

これが時間単価の考え方です。

 

時間単価を意識した生き方

時間単価を意識した生き方として、いくつか例を出していきたいと思います。

 

買い物は近場のスーパーで済ませる

主婦の節約術みたいな感じで、スーパーのチラシで「あっちのスーパーは今日特売日だから!」といって、遠くのスーパーに行く。

これは時間単価に合わないことが多いような気がします。

僕たちの時間はタダじゃないんです。

目先の小さなお金を追って、時間を浪費するのは得策ではないかもしれませんね。

節約は、もっと大きなところから手を付けるべきです。

買い物はサッサと近場で済ませて、浮いた時間で違うことに使った方が生産性高そうです。

 

※効率的な節約に関しては、別記事で紹介していますので興味があれば。

【ナンパ経費削減】「支出減=収入増」という考え方でコストダウン
どーも、NEKOTAです。 ストリートナンパって、始めるのに全くお金がかかりませんよね。 そう、最高なんですよ(笑) 無料で、街中の可愛い女の子との出会いを作り出せますからねw 街コンや相席屋、婚活パ...

 

家事代行サービスの利用

これも家事系ですが。

掃除とかめんどくさいじゃないですかw

そういうのをプロにお任せしちゃうんです。

大体1時間2,500円とかでお願いできるので、時間単価が3,000円の人とかだったらサービスを利用した方が経済合理的なわけです。

それにプロに任せた方が、自分でやるよりずっとクオリティも高いでしょうし。

僕も今の時間単価ではお願いできませんが、将来的には絶対利用すると思います。

 

「なんでもお金で解決するのはいやらしい」とかそういった感情論は一旦排除して考えています。

あくまで、経済的に見たときにどちらが効率的かを判断しているだけです。

その判断の後に、感情を入れればいいと思います。

「経済的には得じゃないけど、やっぱり掃除は自分でやるべきだと思うから、自分でやろう。」

これは良いと思います。

ただ、「時間単価」という考え方を持つこと自体は、経済的自立を目指すうえで大きな仕事をしてくれると思うからいいんじゃないか、という話です。

 

移動手段を考える

自分の時間単価を考えて、問題ないと判断すればタクシーでも使っていいんです。

タクシー利用は贅沢のように見られがちですが、時間単価がある程度ある場合は、タクシーを利用した方が得なこともあるんです。

 

タクシー以外でも、ちょっと一駅二駅がんばって歩くか、電車を利用するかなんかも、時間単価の考え方があればどちらが合理的か判断できるはずです。

 

高性能のPCを購入する

古いPCを使って仕事をしているが、処理に時間を食われていて、新しいPCに入れ替えるだけで作業時間を短縮できる場合。

PCの新調は一回の支払いだけですが、作業時間は毎日短縮され、余剰時間が毎日生み出されます。

どちらが得かを判断する旨みはありそうです。

 

料理をしない

特に一人暮らしの場合は、自炊する金銭的メリットが小さいかと思います。

そのわりに、一人で住んでいようが家庭を持っていようが、買い物はしなくてはならないし、料理や準備、片づけにかかる時間もそう変わらないはずです。

もしかしたら、料理をしない、という選択もアリかもしれないです。

 

時間を上手く使うことが大事

色々例を出してきましたが、

「時間の使い方」を見直すきっかけになればと思っています。

目の前のお金を追うのはやめて、もっと長期的な視点で見て、どちらが合理的かを判断することを意識していくことが大事だと思っています。

 

それでは今回はこの辺で。

 

非モテなまま、死にますか?

~ナンパを起点に人生を切り開く~

「他人に流される人生を変えたい」

「弱くて非モテな自分を変えたい」

そんな想いで、僕はナンパを始めました。

そして今、人生を大きく変えつつあります。

あなたも、もういいかげん変わりませんか?

「人生を切り開く男」を目指しませんか?

これまでの僕の経験をもとに、「冒険の書」という無料メルマガを書きました。

今なら、登録者だけに実録ナンパ音声5本を限定公開

冒険の書(無料メルマガ)



プロフィール
NEKOTA

26歳会社員が、ストリートナンパに出会い、会社を退職。
「ナンパ師×フリーランサー」という新しいライフスタイルを打ち立てる。

「ナンパを仕事に、仕事を遊びに。」をテーマに、他人に流される弱い自分を脱却し、本当の強さを手に入れる物語を発信していく。

NEKOTAをフォローする
フリーランス
NEKOTAをフォローする
自分の人生を走り出すナンパブログ

コメント